B工事

B工事の費用に関して

オフィス

B工事は間違いなく、相場より高くなるのです。これは相見積もりをすることができないのでどうしてもそうした傾向が強くなるからです。もちろん、安くできる場合もありますが、それはこちらの意思や選択でそうなっただけであり、あくまで運が良かった、ということになります。B工事とはオフィスビルやテナントにおいて借主がやる工事の一種です。借主負担であり、業者の選択権がないタイプの工事をいいます。
例えば排水工事とか配電、或いは通気に関する部分など、弄ると全体に影響がありそうな部分をやる場合は、オーナー許可が必要であり、そして、業者はオーナーが指定したもの、ということになっているのです。ちなみにそのときに何か機械なり設備を導入したとしてもそれはオーナーに所有権がある、ということになるのが殆どになります。
ですから、かなり大変ではあるのですがそれでもより効率的に利用するためには必須である、というタイプの工事です。ちなみに単純な内装のことをC工事というのですが、これは自分負担ではありますが業者も自分で決めることができます。インフラ関係とか耐震性、防火性などに関係してくるようなところをB工事というわけです。これがBとCの違いになります。

B工事について入居者が知っておきたい基本

B工事の大きな特徴は、入居者が施工費用を負担しながらも、その施工業者の指定に関しては、ビル管理会社などの不動産オーナー側に決定権があるということです。B工事は、入居者のメリットよりも、法律や自治体の定める条例などの規制に反しないようにすることが大切ですから、A工事との線引きを明確にできない部分もあります。
そのため、具体的な施設や施工例などを書くことは控えますが、つまりB工事とは、建物維持に関する安全性や管理工程に関与する度合いによって決まると認識しておけば、一般的には問題ないでしょう。詳しい判断は建築士などの資格を持った第三者へ問い合わせるのが確実です。さて、入居者目線でB工事を考えてみましょう。
もっとも問題となるのは、不動産オーナーの指定業者の施工になるため、B工事になると入居者はその価格交渉を自ら行うことができないということです。不動産オーナーへ直談判をしようと考えてしまう人もいるかも知れませんが、不動産オーナーはB工事に関しては支払いをする立場ではないため、そもそも施工費用の交渉をする必要性がないのです。この仕組みをよく理解しておかないと、無用なトラブルに発展する恐れもありますから、注意しておきましょう。

B工事で注意すべき2つのポイント

オフィス工事には大きくわけて3つの区分に分類され、入居者が行う工事のうち特にB工事には通常工事とは違う点が多いので注意が必要です。B工事を行うにあたってしっかりと注意をすべき2つのポイントをこれからご紹介したいと思いますので、是非一読してみてください。
B工事では入居者自身が業者を選ぶのではなく、その施設のオーナーが業者を指定することになります。通常工事では当然自分で計画をたてて業者を選び工事を行うので、これは大きな違いであると言えるでしょう。また業者はオーナーが指定するものの、工事費は入居者負担であるというのも大きな特徴であり注意点です。
オーナーが業者を指定してしまうと、安い業者を選んで工事費用を抑えたり、業者に交渉をして料金を下げてもらうということができません。さらに競合相手の業者がいないということで、料金が通常よりも高くなる可能性もあります。
次に、B工事をした際の資産区分というのもオーナーになりますので、その点にも注意が必要です。お金は入居者が出すものの、工事をした設備などは入居者のものにはなりません。業者は選べず高いお金を出して工事をしても資産はオーナーのものとなると、入居者側には非常に損であると感じるのではないでしょうか。しかしこれは決まっていることですので、ある程度は仕方がないことです。できるだけB工事ではなくC工事でできるように相談するなど工夫をしましょう。