B工事

B工事は相見積もりができないことに気を付けよう

内装工事の区別の一つにB工事というのがあります。これは借主が負担をして、そして、オーナーの指定する業者に依頼することになる内装です。主に水道設備とか電気設備、或いは壁などを大きく開けたりすることによって耐震性などに問題が出て来る可能性があるときなどの工事になります。つまりは、勝手にやられると問題がある部分の工事、といえるでしょう。これがB工事です。
ちなみにC工事とは通常の内装であり、これは借主が自由に業者を選び、できる内装の部分のことをいいます。B工事ですが基本的に安くしようとすることが困難な内装工事ともされています。何故かといいますとオーナーが指定する業者を絶対に使うことになるからです。
ですから、相見積もりができない、という難点があることは確かでしょう。このあたりがまずは問題としてあります。それと何か設備を入れたとしてもその設備に関する所有権がほぼない、ということもあります。例えば空調を特別に自分の所では強力なものをしたいから、ということで入れ替えたりすることにしたとしてもその設備の所有権はオーナー側のもの、ということになるわけです。このあたりは契約次第でもありますが基本はそうです。