B工事

内装工事の違いについて

B工事とは一般的にはあまり聞き慣れない言葉ですが、オフィスでの内装工事に使う言葉になります。当然、B工事があれば、A工事、C工事もあります。これらの言葉は「誰が費用を負担する」「誰が工事を受け持つ」でA工事、B工事、C工事と区分されています。それぞれの言葉の違いについて説明していきたいと思います。
<A工事>
「建物のオーナーが費用を負担」して「建物のオーナーが指定した工事業者が受け持つ」工事を言います。具体的にはビルの壁、床、天井、廊下、エレベーター、トイレなどの共有スペースの内装工事を指します。
<B工事>
「入居者が費用を負担」して「建物のオーナーが指定した工事業者が受け持つ」工事を言います。具体的には空調、電気、照明、防災などのビル設備の工事を指します。
<C工事>
「入居者が費用を負担」して「入居者が指定した工事業者が受け持つ」工事を言います。具体的には部屋の内装工事、電源、電話、LANなどの配線工事を指します。
<注意>
これらの工事で特にB工事は注意が必要です。B工事は工事の依頼が入居者で支払いがオーナーとなりますが、ビルによって微妙に違う所もあるようなので、事前に調べて、確認する事が必要となってきます。